携帯電話をどこかのレンタル会社から借りる時には、色々費用がかかってきます。かかる費用は色々と種類があります。例えば携帯を受け取る時もしくは返却をする時です。大抵の会社は、空港でそれらの携帯を受け取ることができるシステムになっています。では果たして空港で受け取る時の手数料はどうなっているのでしょうか。たいていは無料です。全体の7割ぐらいの会社は、空港での受け取り手数料は無料と設定にされています。ただ全ての会社が無料という訳ではありません。中には手数料が若干かかってくる会社などもあります。ちなみに携帯の受け取り台数が多くなると、1台あたりの手数料が安価になってくることもあります。例えば1台返却時は500円だとします。2台目以降は300円という具合です。それと受け取り時だけでなく、返却をする時にも手数料が発生することがあります。ただ、これも大抵の会社は無料と設定している状況です。しかし中には携帯電話の受け取り手数料が有料のレンタル会社などもあります。

レンタルの携帯電話の受取り時と返却時の手数料

携帯電話のレンタル会社により異なる受取可能な空港

レンタル会社から携帯電話を借りる時、空港で機種を受け取るというパターンはとても多いです。ただしその空港は、実は各会社によって色々と違いがあります。例えばある会社の場合は、千葉県と東京と関西地方の空港あたりから携帯を受け取ることが可能です。しかし北海道や九州での空港では、受け取ることが不可能になっているようです。しかし会社によっては、北海道や九州の空港で受け取ることができるケースもあります。そして中には、千葉県の空港のみで受け取ることが可能という会社などもあります。ですので会社によって、対応している空港が色々と異なっている訳です。総合的には、上記の千葉県と東京と関西地域あたりの空港で携帯電話を受け取ることができる会社が非常に多い状況です。そしてほとんどのレンタル会社では、千葉県の空港に対応している状況になっているようです。

街中で見かける携帯電話におけるレンタルの割合

本日私はある駅前を歩いていました。その駅前で多くの方々を見かけたのですが、1つ共通点がありました。それらのほとんどの方々は、携帯電話を操作していたのです。その駅前にいらっしゃった方々の大体70%ぐらいは、形態を操作しているという状況でした。もちろん機種は様々ですが。それだけ多くの方々にとって、携帯というものが必須なツールということを示していると思います。ところでその駅前の方々が用いている携帯電話の中で、大体どれぐらいがレンタルのものなのでしょうか。それは不明です。何%かは恐らくレンタルのものかとは推理します。しかしそれが具体的に何%なのかは不明です。しかし割と多くの方々がレンタルのサービスを利用しているのは事実です。ですので私が駅前で見かけた人々の中で、割と多くの方はどこかの会社から借りている携帯電話を用いていたのかもしれません。